宮大工になるために

仕事が忙しくて自分で草取りする暇がないのならここの業者に頼んでみませんか?綺麗に作業してくれるのでオススメですよ。

宮大工になるためには

宮大工とは、日本古来の木造建築の修繕・解体や、寺社の新築工事を手がける大工のことです。伝統的な建築物の屋根や柱、梁などは、複雑な形や曲線が多く、扱うには高度な技術が必要です。また釘を使わない施工法など、特殊な大工技術が必要になります。さらには、日本の伝統文化や歴史・芸術などの広い分野に精通することも重要となります。このように宮大工は一般的な大工とは異なる技術・知識が要求されるため、目指すのであれば、熟練の職人のもとに弟子入りし、徒弟制度のもとに見習いからはじめて修業を積んでいくことになります。厳しい修行による技術習得には、長い年月がかかりますが、宮大工は、日本の建築文化を支える重要な仕事のひとつと言えます。

仕事の収入と需要の傾向について

宮大工の収入は、サラリーマンとは異なり日当制です。雨や風の強い日は、仕事ができないこともありますので、収入は月によってばらつきがあります。また個人の技術力により、賃金が異なります。見習いであれば1万程度、棟梁であれば3万程度が目安となります。宮大工の仕事は、主に寺社仏閣などの木造建築が対象となりますが、寺社仏閣の新築工事は近年、減少傾向にあります。またコスト面などの問題から、戦前に主流であった木組み工法ではなく、在来工法・ツーバイフォー工法などの近代的な工法が取り入れられるケースが多くなってきています。ですが、既存の寺社仏閣は、経年劣化により必ず修繕しなくてはなりません。仕事がまったくなくなることはないと思われますので、技術と専門性、また汎用性も同時に磨き続けることが仕事の獲得につながります。

TOPICS

古い技法

現代の大工はドリルなどを使用して木同士を固定して建物にしていきますが、宮大工は釘などを使用せずに、木を組み合わせて建物を作り上げていきます。日本伝統の技法を未だに利用する宮大工の紹介を行なっていきます。

 Read More

CONTENTS

草取りの相場とは

住宅の庭の草取りを依頼することができます。草の生え方によって料金が異なってきますので現地での見積もりとなります。住宅レベルの草取りでしたら一日で終了し、すぐに綺麗な庭になります。

 Read More

庭の手入れなら

最近では、多くの方が庭などを所持していますが、普段草刈りなどを行ないません。草刈りは定期的に行なう家庭が多く、草刈りなどを行なう際には専門の業者を利用して綺麗に草刈りと行なう家庭が多いです。

 Read More

トラブルの原因

石油給油機が故障する原因の一つとして灯油タンクの詰まりが存在します。未然にトラブルを防ぐためにも定期的なチェックを行うようにしましょう。老朽化やゴミの詰まりもトラブルの原因になることがあります。

 Read More

自然にやさしい塗り壁

自然志向で住宅を建てたいのであれば塗り壁がオススメでしょう。塗り壁は自然素地がナチュラルなテクスチャーと色合いを表現してくれます。また耐久力もとても高いので性能面も良いのです。

 Read More